めたしんの書置き

プレイ中のゲームや日常で起こった事をつらつらと書くだけです。アイコンは女性っぽいですが中身は男です

幻影異聞録#FEをクリアしました(ネタバレ無)【ゲームレビュー】

オンラインゲームをやってるとゲームが積み上がりますよね

こんばんは、めたしんです。

本日は、ブログ開設当時にプレイ中と宣言してたゲーム、幻影異聞録#FEをやっとクリアしたのでそのレビューを書いてみたいと思います

ネタバレしない理由はこれ

アトラスのゲームは、大抵ゲームキャラを通してネタバレしないでと促してます

評価

ジャンル :JRPG
プレイ時間:60時間以上
難易度  :ノーマル(難易度調整有)

総合 :★★★★☆ 4.0くらいです

操作性:★★★★☆
映像 :★★★☆☆
音楽 :★★★☆☆
快適度:★★★☆☆
中毒性:★★★★☆


※5点満点です

操作性

昔よくあったDSのRPGみたいな二画面活用っぽい事をゲームパッドで再現しつつも
ゲーム内で流行してるLINEっぽいツールTOPICも直感で操作できる上にゲームの演出に一役買ってる点も○

映像

可も無く不可も無くって言ったところでしょうか
渋谷の再現度は高いですw
あと声がかけられないその他大勢を単色にしたのは個人的に○
人混みの演出と重要キャラを際立たせる事を両立してる点は素晴らしいの一言
あと芸能界が舞台なので、劇中にPVがあるのですがそれらは一つ一つ丁寧に作られてます

音楽

今回、任天堂とアトラスのコラボと思われますが
音楽は全てavexが絡んでたりします
BGMは世界観には合っていると思いますが個人的にはパンチが足りないですね
特にアトラスBGMを求めてる方には物足りないと思います

しかし、劇中の歌はさすがavex、どれも完成度が高いです

個人的には、オープニングを飾るReincarnationドリームキャッチャーはオススメです


快適度

よく噂に出てくるロードの長さ
エネミーシンボルとの接触から戦闘までのロード
ステータス画面を開ききるまでのロード

この2点は、確かに他のRPGに比べたらちょっと気になりますが
その原因になってるのは、3Dキャラを一括で読み込んでるからだと思います

ステータス画面は正直、3Dキャラいらないんじゃないの? って思いますが
戦闘に関しては、一括で読み込むからこそ爽快感のあるバトルが楽しめるので気にならなくなりました

後、不満なのがとあるダンジョン。どこ行っても風景が同じなので、本当に進んでるのかどうか不安になったのが減点です。


中毒性

これはもうさすがアトラス
プレスターンバトルを起点とした弱点の探り合うスリリングなバトルシステムは今作も健在です

属性の弱点探り合い+ファイアーエムブレムの3すくみをきちんと纏め上げつつも
芸能界らしさも混ざったセッションというシステムは、素晴らしいです


レベルを上げる→敵を倒す→新しい素材GETで武器を作成→自分が強くなったら、強い敵に挑みたくなる→以下ループ

というハクスラ要素は完璧です

が、減点の理由はこのセッションというシステムが本当に面白くなるのはゲームの中盤からなんです
普通にプレイしてて20~30時間辺り経過した頃からが本番です
これが無かったら★5でしたね

総合

一言で言えば良質なJRPGです
不満点は少々あるものの、それらを吹き飛ばすほどの面白さがあります
もしWiiUを持っててRPGに餓えてるならオススメのゲームです

今ならAmazon限定版が5000円以下とワゴンセール状態ですw

最近はいろんなシリーズものがダメになってる中、アトラスだけは裏切らないですねw
この調子ならペルソナ5も期待できます!(もう予約済み)

余談 既存のアトラス系RPGとの違い

アトラスと言えば、今は女神転生、その派生のペルソナシリーズ、世界樹の迷宮が有名ですね
その中でも今作は、どんな感じなのかと言えばペルソナ寄りです

しかし、ペルソナ合体のような配合系はありません
加えてコミュは、好感度という概念を取っ払いシンプルに進められるサイドストーリーになってます

何が言いたいのかと言うと、このゲームは、アトラスの戦闘難易度+任天堂のシンプルだけど奥深いゲーム性を足して2で割ったような感じです
あとストーリーは、サイドストーリーはとても力が入ってますがメインストーリーはあっさりしてます

しかし任天堂ってWiiもそうなんですが何で衰退期に入ると面白いゲームが出てくるんでしょうか

良質な物を作っているために時間かかるのはわかりますが本当に惜しいです


※ 個人的に悪魔合体もコミュニティも好きですよw
悩ましいけどそれが癖になるんですよね、時間かかりますけどw

ではでは~